沈黙のWebライティングはSEO初心者でも楽しく学べる本だった

 

「もっとブログのアクセス数を伸ばしたい!」

「ブログ初心者だけどSEOを勉強したい!」

「でもSEOやライティングの本って難しい、もっと気軽に学びたい!」

そんな考えの方多いと思います。

私もその一人でしたが、【沈黙のWebライティング】に出会えたおかげで楽しくSEOの基礎を習得することができました。

 

こんにちは@もりもとです。

本格的にブログの収益化を目指すにはSEOの勉強は避けられません。

しかし、実際に勉強しようとしてみると難しい内容の書籍やブログ記事が多くて、初心者の方の腰を重くしていると思います。

そんなSEO初心者の方に最適な本が【沈黙のWebライティング】です!

沈黙のWebライティングならSEO初心者にもわかりやすい表現で書かれているのでスラスラ読めますし、会話形式で書かれているので本が苦手な人でもストレスなく読めると思います。

ということで、SEO対策のライティングを勉強をしたいけど、参考書みたいな本は読みたくないという方にオススメの一冊になっています。

600ページ以上もある書籍ですが、1日で読めるほど読みやすいですよ!

この本の評価
読みやすさ
(5.0)
面白さ
(5.0)
学び
(4.0)
値段
(2.0)
総合評価
(4.0)

沈黙のWebライティングはとにかく読みやすい

沈黙のWebライティングの最大の特徴はとにかく読みやすい点です。

SEO関連の書籍は知識がないとなかなか読みにくいものが多いですが、沈黙のWebライティングでは他の書籍と違いストリー仕立てで楽しく読めます。

須原にある温泉旅館「みやび屋」。
若女将である宮本サツキが切り盛りしているが、
Web集客が振るわず、経営の危機を迎えていた。
やがて、みやび屋にひとりの男が来訪する。
男の名は「ボーン・片桐」。
重さ39.9kgのノートPCを操る謎の男の目的とは一体……! ?
いま、みやび屋のWebライティングを巡る激闘が始まる!
※アマゾン商品紹介ページより引用

あらすじ見ただけで笑えてきますよねw

このようにストーリー仕立てで、キャラクター同士の会話形式で話が進んでいきます。

挿絵も多く、本を読むのが苦手な方でも漫画を読むように楽しく読むことができます。

(音声入力するボーン・片桐)

もう完全にギャグですw

こんな笑えるような内容ですが、SEOについてしっかり学べる内容になっているところが沈黙のWebライティングの凄いところです!

では沈黙のWebライティングではどんなことが学べるのでしょうか?

沈黙のWebライティングで学べること

  • EPISODE 01 SEOライティングの鼓動
  • EPISODE 02 解き放たれたUSP
  • EPISODE 03 リライトと推敲の狭間に
  • EPISODE 04 愛と論理のオウンドメディア
  • EPISODE 05 秩序なき引用、失われたオマージュ
  • EPISODE 06 嵐を呼ぶインタビュー
  • EPISODE 07 今、すべてを沈黙させる・・・! !
  • エピローグ 沈黙のその先に

7つのエピソードとエピローグで構成されていて、会話形式でストーリーが展開していきます。

(エピソード部分は会話形式)

SEOの基礎から始まり、論理的思考の高め方、インタビュー記事の書き方など多岐にわたる情報を楽しく学ぶことができます。

さらに注目するべきは各エピソードの最後にある特別解説記事です!

  • SEOを意識したコンテンツを作るカギ
  • 「USP」を最大限に活かすコンテンツ
  • わかりやすい文章を書くためのポイント
  • 論理的思考をSEOに結び付ける
  • オウンドメディアに必要なSEO思考
  • SEOに強いライターの育成法
  • バズにつながるコンテンツ作成のコツ

特別解説記事で各エピソードの内容をさらに深く掘って解説してくれていて、SEOに関する重要なことがギュッとまとめられてます。

(特別解説記事は参考書のように濃厚に)

特別解説部分は文字多めの内容になってますが、各エピソードを読んでから学ぶことで頭の中にすんなり言葉が入っていきます。

各エピソード部分を深く掘っていて、初心者だけでなく上級者でも満足できる濃厚な内容になってます。

濃厚ではありますが具体例も多く、視覚的にも分かりやすい内容になっています。

その中で特に参考になった部分を2つ紹介します。

MEMO
各エピソードで楽しくSEOに関する言葉に触れてから、解説記事で深く学ぶという流れなので、初心者でも理解しやすい。

論理的思考を用いてSEOで成果を出す

論理的な文章とは、相手の心との間に“理解の架け橋”が築かれている文章を指す。
どんな主張も、相手の心との間に橋がなくては伝わらない。
論理というのは、相手に理解してもらうために築く“言葉の架け橋”のことなのだ。

論理的思考を持った文章を書くことによって、SEOで成果が出やすいコンテンツが作れるといった解説があります。

論理的な文章はSEOで評価されやすいが、具体的にどうすると論理的な文章になるのかも紹介されています。

例えば「因数分解を意識する」「長い文章には要約を入れる」など、すぐに実践できる具体的な例が紹介されていますので参考になります。

検索意図の分析でSEOに強いコンテンツを作る

今のGoogleは検索エンジンを使うユーザーの意図を満足させるコンテンツを上位表示させる傾向にある。
であれば、実際に上位表示されているコンテンツがどんなものかを分析すればいいだけだ。

ユーザーの検索意図を満足させているコンテンツは検索上位になる傾向にあります。

すなわち検索上位になっているコンテンツを徹底的に分析することが必要だと書かれています。

なので沈黙のWebライティングでは、マインドマップを作成することで上位表示されるために必要な情報を整理することが推奨されています。

(マインドマッピングするボーン・片桐)

マインドマップとは情報や思考をまとめた一枚の地図のようなものであり、記事を書き始める前に検索上位の記事を研究したマップを作ることで検索意図に合った記事が書けます。

つまりSEOに強い記事が書けるということです。

沈黙のWebライティングを購入すると購入特典として、作中で使われているマインドマップのテンプレートがダウンロードできます。

実際にこの記事を書く際にも特典のテンプレートを使用して、マインドマップを作成してみました。

この記事がどれくらいGoogleに評価されるかは現時点ではわからないですが、マインドマップを作成してから記事を書き始めたことでスラスラと書けました。

マインドマップ自体もテンプレートが使いやすいのでサクッと作成できます。

私も沈黙のWebライティングを読んで、マインドマップ作成の有益性は理解できました。

なので沈黙のWebライティングを購入しない方でも、記事をいきなり書き始めるのではなく、マインドマップ作成から始めてみてはいかがでしょうか?手書きでもできますからね。

頭の中の整理にもなり、SEO対策にもなるのでオススメです!

沈黙のWebライティングは無料で読める?

実は沈黙のWebライティングは無料でも読むことができます

もともとWeb上で連載していたコンテンツを書籍化したものなのですが、書籍として販売された今でも公式ページで無料にて読むことができます。

参考

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—Web版

エピソード部分のみですが、最後まで無料で読めます。

なので書籍版沈黙のWebライティングを購入検討されている方は、Web版沈黙のWebライティングを一回見てみて自分に合うか確かめてから購入する方がいいでしょう。

書籍版とWeb版の違い

では、有料の書籍と無料のWeb版ではどこが違うのでしょうか?

大きな違いは各エピソードをまとめた特別解説記事が読める点と、マインドマップのテンプレートがダウンロードできる点です。

エピソード部分はWebで無料で読めますので、特別解説記事とマインドマップテンプレート部分を購入するといったイメージです。

前述した通りどちらも超有益ですが、無料版を読破した人からしたら書籍版は高く感じるかもしれません。

沈黙のWebライティングの評価は

では、沈黙のWebライティング書籍版を読んだ方々の高評価と低評価をまとめてみました。

高評価

ライティング初心者に是非読んで欲しい1冊です!600ページもあるけど3時間でスムーズに読めました

読みやすさと、情報量に感動しました!

やはり、「読みやすさ」「初心者でもわかりやすい」という部分を評価している人が多いみたいです。

低評価

参考書的なものを期待していたが、無駄な部分が多い!

せっかくいい内容なのに、会話部分にイライラする!

低評価な方は会話形式自体に否定的なのがほとんどでした。

これはどんな書籍か調べないで買ってしまった方だと思うので、会話形式が自分に合わないと感じる方は購入しない方がいいでしょう。

沈黙のWebライティングまとめ

・沈黙のWebライティングは会話形式のエピソード部分と解説記事で構成されている
・初心者でもSEOライティングについて楽しく学べる
・Web無料版もあるので、書籍購入前にチェックした方がいい

ということでSEO対策したライティングを学びたいけど、参考書的な本は腰が重いといった方にオススメです。

さらに解説記事は上級者でも満足する充実の内容になってますので、ある程度知識のある方にもオススメできる1冊になってます。

私も沈黙のWebライティングで得た知識を活かして検索上位を狙っていきたいです!

今回は書籍版沈黙のWebライティングについて紹介しました。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です