副業せどりで実際に月収10万円稼いだ方法を惜しみなく教えます

せどり10万円方法

 

副業で10万円収入が増えると生活がいろいろ楽になりますよね。

私は子育て中の副業で1日1,2時間程度の作業量しか確保できませんでしたが、せどりで毎月10万円以上コンスタントに稼げてました!

今回は私が実際にやっていたせどりの方法を特別にお伝えしていこうと思います。

実際やっていたのは2017年初旬頃なので、現在では通用しない部分も出てくるかもしれませんが、同じようにやれば月10万程度は稼げるようなれるような内容となっています。

あくま自己流なので「効率悪い」とか「もっとこうしたほうがいい」とかいろいろ感じる方はいると思いますが、実際に月収10万円以上稼げていたやり方なのでそれなりに価値はあると思います。

副業初心者の方にもできるシンプルな方法なので、是非マネしてみて下さい。

10万稼ぐせどりの方法

せどりって言葉は聞いたことある人は多いと思いますが、せどりってなんでしょうか?

「背取り(せどり)」を辞書で見てみると、

古書業界で、転売を目的として同業者や愛好家から古書を買い取ること。特に、掘り出し物を見つけて高く転売すること。

となっているように、以前は本の転売がせどりの主流でした。

しかし現在ではせどりにもいろいろな種類があります。

従来の古本屋に行って本を仕入れて売るというタイプのような「店舗せどり」も人気がある手法ですが、私がやっていたのはインターネット上のショップで商品を仕入れて販売する「電脳せどり」というスタイルです。

電脳せどりのメリットとしては実店舗が営業していない夜間にも仕入作業ができますので、子供が寝た後の時間でも仕入作業ができるという点があります。

デメリットはネット上の店舗は誰でも平等に検索できますので、ライバルが多い場合があるという点です。

しかし副業、特に家族がいる方は時間を取りにくいと思いますので、時間が自由に使える「電脳せどり」の方がオススメです。

もりもと

電脳せどりは隙間時間で取り組めるので、副業には最適です。

せどりで10万稼ぐ必要資金

ではせどりをやるためにはどれくらいの資金が必要でしょうか?

商品を実際に購入して転売するわけですから購入資金が必要になってきます。

もちろん資金が多いほど収入が見込めるので、求める利益によって必要資金は違ってきます。

おによめ

じゃあ一体いくら必要なのよ

10万円の利益を出すためには?

結論をいうと、私の方法だと100万円は必要になってきます。

というのも、私がやっていたせどりの方法の利益率は10%程度でした。

ちょっと恥ずかしいですが、たぶんこれは他のせどらーたちに比べると結構低いはずです。

10%なので月100万円仕入れて、10万円の利益です。

利益率を下げることで仕入れるアイテムが探しやすい反面、高回転でどんどん回していかないとなかなか利益が出ないというのが特徴です。

上手く仕入れられたものは20%程の利益が取れるものありましたが、最終利益を見ると10%程度に落ち着くような感じでした。

それ以上を目指すと高いスキルや経験が必要になってくると思います、初心者の方はまずは10%を狙うような形にすると結構商品が見つかるはずです。

ということで、私の手法だと100万円無いと10万円の利益が出ないんです!

もちろん商品が売れないと資金化されないので、その100万円は生活に必要ない余裕資金である必要があります。

50万円仕入で5万円収益を求めてもいいかもしれませんが、最低100万円程度の余裕資金がないとせどりでコンスタントに稼ぐのは難しいか思います。

せどりはある程度初期資金が必要な副業です。

もりもと

せどりは誰でもできる副業ですけど、安定して稼ぐにはある程度の資金は必要です

クレジットカードで仕入れて保有資金以上で回すのはNG

仕入の支払いは全てクレジットカードでやってました。

何故かというとクレジットカードだと出金明細で後からでも資金の動きが把握しやすいし、ポイントがついてお得だからです。

せどりについて紹介している他のサイトで、クレジットカードの引き落としは1ヶ月後だから、それまでの間に商品を売って現金化すれば保有資金以上に仕入れられる。

という紹介をしているところがあります。

正直その方法はめちゃくちゃ危険ですし、支払残高確保のために投げ売りしなくてはいけない場合もあります。

なので最初は10%程度の利益しか出ないという前提で、目指すべき月収×10倍の余裕資金を用意することをオススメします。

クレジットカードの支払いが滞ってブラックリストに入ったら私生活にも影響が出てきますし、なにより支払期日ばかり気にして心を乱されていては安定した収益の確保は難しいでしょうから余裕を持った資金計画でいきましょう!



せどりの収益を記録しよう

これはパチンコでも投資でもなんでもそうですけど、収支を付けてない人は絶対に稼げません。

どの商品をいくらで仕入れて、いくらで販売して、送料、手数料がいくらかかったので利益が〇円という具合でOKです。

収益が出ているか出ていいないかわからない状態で続けても、何の意味もありません。

収支を1つ1つつけることで、どういう商品が高利益なのか分析もできますし、逆に損が出ている商品のパターンも分析することができます。

それなりの利益が出れば確定申告もすることになりますので、収支を記載してないと確定申告の時大変な思いをします。

なので、最初からしっかり収支を記録するようにしましょう!

便利なツールもいっぱいありますし、少額だったらエクセルで1つ1つ記載してもいいと思います。

もりもと

せどりの収益管理は結構手間がかかるので、本気で稼ぎたい人はツールを導入したほうがいいでしょう

おによめ

いいからさっさと稼ぐ方法を教えてよ…

具体的な方法を解説

では具体的にせどりで稼いだ方法を教えます。

前提として販売プラットフォームはアマゾンを使い、扱う商品は新品のみと想定します。

どこかから商品を購入して、その商品をアマゾンで販売するという流れです。

私自身メルカリやヤフオクでも販売する時もあるんですが、アマゾンをメイン販売プラットフォームとしていたので、その前提で仕入について話を進めていきます。

さらに中古品は初心者には複雑なので今回の説明では排除します。

もりもと

いろんなところで仕入れはしますが、販売のメインはアマゾンを利用します

2種類の仕入の方法

せどりで儲けるためには安く買って高く売る、というのは誰でもわかると思います。

しかし安く買って高く売るという考え方には2つのパターンがあると思います。

①品薄状態などで定価以上で売れるものを買う
②安価なショップで定価より安く買う

という2パターンがあります。

高く売るのに焦点をあてるか、安く買うのに焦点をあてるかということです。

私は②のパターンをメインでやってました。

見極めの技術があったり業界の知識がある方は①の方が稼ぎやすいと思いますが、初心者の方は②の方が機械的に利益を積み上げていきやすいと思います。

両方のパターンを掘り下げてみましょう。

定価以上で売れるものを買う

上記の①のパターンです、この方法は基本的には初心者の方にはあまりオススメしません。

扱う商品にかなり詳しいのであれば成功するかもしれませんが、せどり初心者では価格が適正かの見極めが難しいです。

しかし初心者でもやったおいた方がいい場合もあります。

それは厳しい抽選があったりで、手に入れるのがかなり難しい商品という場合です。

そのケースは市場では常に品薄状態のはずなので、どんどん抽選に参加していって欲しいと思います。

品薄を定価以上で仕入れるのはNG

しかし、限定という訳ではなく品薄で価格が上がっている場合は注意が必要です。

例えば任天堂switchやファミコンミニが一時供給不足で定価で買えない時期が続きました。

このときに定価で購入できればいいんですけど、市場で定価の3000円高で販売されているところを安い店を探して1000円高で購入するというのは控えた方がいいです。

その時点では2000円の差益が見込めるので飛びついてしまいがちですが、いつかは解消されて定価があたりまえになってしまいます。

価格の変動をしっかり見極められる人はいいと思いますが、初心者の方はタイミングが合わずに、売ろうと思った時には市場が潤って定価販売しかできないなんてこともあります。

そうすると定価で仕入れられても手数料で損しますし、ちょっと高い金額で仕入れた場合は大損です。

オススメの方法は安く買って定価で売る

「定価より安く仕入れる」

これが理想の形だと思います、販売価格の変動に怯えることがないからです。

定価よりかなり安く仕入れることができれば、よほどのことがない限り損することはありません。

でもどうやって安く買えばいいんでしょうか?

ズバリ私が狙うのは

・セール
・ポイント
・マイナー店

この3つです!

この3つを組み合わせることで定価より安く商品を仕入れることができます。

もりもと

3つの方法をそれぞれ解説するよ!

セールを狙う方法

楽天やwowmaでも何でもいいですが各販売プラットフォームが行う大規模セールを狙うということです。

当たり前ですが、セール中の方が安く買えますしポイントが多く付きます。

各イベントの年間、あるいは月間のスケジュールをチェックしてどのイベントが強いのか把握できれば頻繁に仕入チャンスが訪れるはずです。

いろんなプラットフォームを常にチェックすることがポイントです。

いくつかの店舗を組み合わせれば毎週のようにイベントやセールをやっているということが分かると思います。

私はプラットフォームAは毎月このセール、Bは毎月このセールで買えば必ず利益が出るというのを見つけられたので、ほとんどセール時しか仕入はしてなかったです。

毎月100万円程度の仕入量だったら、それだけで仕入は十分できました。

まずはいろんなセールがあることをしっかり確認することが大切です。

そしてそのセールではアマゾンとどれだけ価格差があるのかをチェックすることで、セールの強弱を把握します。

ウソセールも多いですからね、50%オフってなっているのにアマゾンより高いとか全然あるので、騙されないようにちゃんとアマゾンとの比較をするようにしてください。

ポイントを狙う方法

楽天ポイント、Tポイント、wowmaポイントとかのポイントを狙うということです。

というのもポイントを加味すればアマゾンより安いというケースは大いにあります。

さらにセールが加わればかなりチャンスは拡大します。

値引き系セールはすぐ売り切れてしまったり、その後その人たちが大量にアマゾンで販売するのでアマゾン販売価格が下がる場合が多いです。

しかしポイント30倍セールのようなタイプは既に大量にポイントを持っている人にしか旨みがないので、あまり人気がないです。

一回目の購入は普通に損するわけですからね。

 

上記画像のようにいくらポイントが30%ついても、同じ価格で販売すれば1回目は必ず損します。

しかしポイントの循環が始まってしまえば、ポイント系セールでどんどん利益を出していけますが、長い目で考えられる人じゃないと手を出せないのでライバルは少なめです。

ただ、30倍ポイントを30%オフと同じように計算してはいけませんので注意が必要です。

上記画像のように30%のポイントで購入していても最終的には17%の利益率です。

このポイントを計算して仕入ができると、一気に仕入できる商品が見つかると思います。

私の戦法だと10%の利益をコツコツ積み重ねるというものなのですが、10%利益程度であればポイントセール中にはゴロゴロ見つかるはずです。

マイナー店を狙う方法

ここでいうマイナー店というのは、マイナープラットフォームということです。

楽天のようなみんなが注目しているものでなくて、ほとんど注目されていないものや、出来たばっかりのサービスが狙い目です。

理由は2つあって

・販売先の信頼性が低いほど商品の価格が安い
・注目を集めようとして、とんでもないセールをする時がある

つまり楽天やアマゾンは信頼度が高いので価格は高めですが、マイナー店は信頼度が低いので買ってもらうために安い値段設定になっている場合が多いです。

例えば日本で展開している海外企業(アジア系)とかも信頼度低いのがありますよね、そんなところも狙い目です。

あとは注目を集めようとして、とんでもないレベルのセールを開催する場合があります。

さらにポイントの信頼度も低いので、セール中はポイントバラマキ状態だったりもします。

普段全く使わないマイナーなプラットフォームもせどりでは武器になる場合があるので、しっかり探してみましょう。



せどりに便利なツールを紹介

せどり用のツールはいっぱいリリースされています。

利益を生むために必須のツールもあれば、手間を削減してくれるものもあります。

実際私が月10万円稼いでいたときに使っていたものを一挙紹介したいと思います、全てアマゾンで販売するためのツールです。

もりもと

ツールを使うことで圧倒的に効率が良くなります、無料のものも多いので使わないのは損ですよ!

手数料計算ツール「Amafee」

Amafeeはアマゾンで販売する際の手数料を一発で算出してくれるツールです。

アマゾンでは商品のカテゴリーや大きさで販売手数料が違ってきますので、毎回自分で計算しているとかなりの手間になります。

Amafeeだったら仕入値、想定販売価格を入力して、大きさや商品カテゴリーを選択すればどれくらいの利益が出るのか計算してくれます。

実際に仕入する前に想定利益が計算できますので、仕入のミスを減らすことができます。

仕入の前に計算して、この時点では15%くらいの利益が出ることを確認してから仕入れるようにしましょう。

利用料は無料です。

過去の販売価格を分析「モノレート」

モノレートはアマゾンで販売されている商品の過去の最安値価格やランキングの推移を分析できるツールです。

アマゾンを使ってせどりをする場合は必須のツールといえます、というかモノレートがないと無理です。

いくらで出品すればいいか考える際に、アマゾンで現時点の最安値だけ見ても失敗します。

モノレートを使って過去の最安値の変動をチェックすることで、その商品の最適な価格を分析できるはずです。

さらにモノレートの役割は価格のチェックだけではなく、どれだけ売れている商品なのかを確認することができます。

いくら価格差がある商品を見つけたとしても、その商品が全然売れないものだったら意味がありません。

具体的にいうと、ランキングの推移をチェックして、ランキングが上がった日は商品が1つでも売れていることがわかります。

なので過去のランキングの推移で、商品がどれくらい売れているのかがわかるというわけです。

商品によって異なりますが1ヶ月に最低でも3回以上は売れてて欲しいですね。

利用料は無料です。

せどりサポートオールインワン「プライスター」

プライスターはせどりをサポートしてくれる機能が満載のオールイワンツールともいえるものです。

前述のAmafeeやモノレートと違ってプライスターが無いからといって仕入れに失敗したり、損をするようなものではありません。

プライスターを導入する利点は、せどりのあらゆる手間を大幅に減らせることです!

出品作業や売上管理などの面倒くさい部分を楽にすることができます。

私も初めてせどりを始めた時は、エクセルで一件ずつ売上の利益を計算して、表にしていましたが正直かなり面倒でした。

しかし、プライスターの売上管理では特に何もしないで、表やグラフにしてくれます。

これは日々の業務時間をかなり短縮できましたね。

さらに、自動で販売価格を変更してくれる機能もあります。

例えば、最安値に合わせるように設定すると、最安値が変わった時に出品価格が自動で変更になります。

これを手作業でやるのは不可能なので、価格を自動で変更してくれる機能を使うと売上もどんどん上がっていくでしょう。

利用料は月額4800円です。

最初はいらないかもしれませんが、私のように月100万程度の売り上げでも必須でした。

仕入れで使うクレジットカードは楽天カード

ここは好みがわかれるところかもしれませんが、私のせどりの方法で一番オススメのクレジットカードは楽天カードです。

理由はいくつかありますが、私がやっているせどりの方法には一番合っていると思っています。

楽天カードは高還元

楽天カードをオススメする一番の理由は

・どこで使ってもポイント還元率1%

・楽天市場内で使うと還元率は最低3%

という高い還元率です。

なにで還元されるかというと、楽天市場で使える楽天ポイントになります。

つまり還元率1%だったら、100円購入するたびに1ポイント(1円分)の楽天ポイントが付きます。

私の方法だと月100万円仕入れて、10万円の利益を狙うので、毎月1万円分の楽天ポイントが貯まるという計算になります。

しかも、これは楽天市場での仕入れだけではなく、どのサイトで仕入れても1万円のポイントが貯まります。

10万円の利益を狙うという中、毎月プラスで1万円の収益アップできるのは大きいですよね。

もちろんポイントを持っているだけでは収益にならないので、楽天市場でポイントで仕入れをしてアマゾンで売ってしまいましょう。

楽天市場での仕入れに力を発揮

上記でもお伝えしたように、楽天市場以外で購入しても1%のポイントが付きますが、楽天市場で購入した時は最低でも3%のポイントが付きます。

イベント時にはそれ以上にポイントが付くこともあるので、楽天市場で仕入れる時に楽天カードを使わない選択はありません。

先ほど、「セールを狙え」「ポイントを狙え」と紹介しましたが、楽天市場もセールや、ポイントサービスを加味すると十分仕入先になります。

そんな時に楽天カードじゃないクレジットカードで仕入れたら数%分損をすることになります。

楽天市場は有効な仕入れ先の1つだと考えますので、メインカードは楽天カードではなくても、一枚は必ず持っておいた方がいいといえるでしょう。

ゴールドカードにした方がいい

楽天ゴールドカードは年会費2160円で、カード利用限度額を最高200万円まで上げることができるカードです。

年会費はかかってしまいますが、楽天市場での利用の場合は通常の楽天カード+1%のポイントが付きます。

楽天カードをメインカードとした場合、月100万円の仕入れをする時は限度額100万円以上必要です。

というのも今月100万円利用したら口座引き落とし日は、翌月の27日になるんです。

引き落としが完了しないと限度額は回復しないので、限度額が100万円の場合だと、翌月は楽天カードでは1円も仕入れができないということになります。

なので200万円の限度額があれば、問題なく月100万円の仕入れができるということになります。

通常の楽天カードではMAXの限度額が100万円なので、できればゴールドカードの方がよさそうです。

もちろん他のカードを併用していれば問題ないのですが、チャンス時にカードが使えないという状態を防ぐためにも限度額200万円のゴールドカードの方が安心です。

楽天カード公式サイトはコチラ

もりもと

年会費2160円で国内の空港ラウンジが使えるというのも、ゴールドカードの魅力です

10万円稼ぐせどりの方法まとめ

・初心者は定価より安く仕入れる方法がオススメ

・セール、ポイント、マイナー店を組み合わせて狙え

・いろいろなプラットフォームを頻繁に覗いてみることが重要

・ツールをしっかり使って効率よく稼ごう

・仕入れに使うクレジットカードは楽天カード

とにかくいろんなプラットフォームを探して、巡回してみることが必要です。

私は常時8サイト程チェックしてましたが、それでも少ないくらいだと思います。

数ヶ月もすればどのセールが強いかが分かりますので、このサイトは何日頃に覗けばいいってのがわかってきます。

メルマガも登録しておくといいですね!強いセールの時はあっちからアピールしてくれます。

最後に注意ですが、転売を禁止している店舗やサービスからの購入は控えるようにしましょう。

始めて使う店舗やプラットフォームの説明文をよく読んで「転売目的の購入はお断り」の文がないかちゃんとチェックしてください。

ルールを守って正しく稼ぎましょうね!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です