ブロックチェーン×銀行「NUO」未来の銀行を体験してみた

こんにちは@もりもとです。

今回はブロックチェーン×銀行の「NUO」というサービスのベータ版がスマホアプリでできるので体験してみました。

未来の銀行と称しているだけあって、アプリ1つに銀行の機能が充実しています。

もう数年後は多くの人がこんな感じで当たり前に仮想通貨を利用できるんだろうなと、感じることができました。

NUOとは

NUOとは未来の銀行を目指しているプロジェクトで、他のプロジェクトではBankeraなどが近いと思います。

NUOは現在ベータ版ですが、実際にアプリをダウンロードして触れてみることができます。

実際の機能が完全には実装されていないお試し版ですが、雰囲気は掴むことできます。

NUOダウンロードはコチラ

銀行の機能とは

銀行業務のメインと言えば「預金」と「融資」と「為替」です。

NUOでは未来の銀行と称するだけあって銀行としての基本機能は備わっています、まずは「預金」部分から見ていきましょう。

NUOの「預金」機能

「預金」を仮想通貨でいえばウォレットの部分になると思いますが、いくつもの種類のウォレットを管理するのは大変ですよね。

NUOでは1つのアプリで複数の通貨に対応しており、現在ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ビットコインゴールド(BTG)の4種類に対応しています。

通貨の入金は他のウォレットや取引所から送金すればいいですが、クレジットカードでの購入もできます。

「changelly」というサービスと連携しており、アプリ内でクレジットカードで購入を選ぶとchangellyのサイトが開きます。

changellyではクレジットカードで仮想通貨を購入できますが、現在対応法定通貨がドルとユーロしかないため日本円建てだと為替手数料がかかるので割高になりますので注意が必要です。

今後取り扱い通貨がもっと増えていき、NUO1つで保有通貨のウォレット機能を賄えるようになれば仮想通貨における「預金」の部分は十分でしょう。

NUOの「融資」機能

仮想通貨での融資のプロジェクトは多くあり、LEND、Dharmaなどが競合になってくると思いますが、NUOも融資機能は実装予定で既にアプリでも概要を覗くことができます。

トークンを担保に資金を調達するというイメージです。

スマートコントラクトを利用して返済するので、トラストレスで誰でも簡単に資金を調達できるようになります。

普通個人間で資金を貸し借りするとなると非常に面倒だし、返済も大変ですが、仮想通貨での融資というのは非常にシンプルで使い勝手もよさそうです。

借りるならまだしも個人が資金を貸し付けするなんてのはハードル高いですよね。

スマートコントラクトならそれが誰でも実現できる、仮想通貨のイノベーションの1つだと思います。

NUOの「為替」機能

送金は仮想通貨なので当たり前に24時間いつでも数分で送金ができますし、いくつかの種類の通貨なら両替もNUO内で簡単にできます。

さらにNFC支払にも対応とのことなので、スマホでサクッと仮想通貨決済なんてのもできるようになるはずです。

アプリ1つで銀行としての多くの機能を利用できるところがNUOの魅力ですね。



エアドロップ中

現在アプリ登録者にNUOコインのエアドロップが行われています。

使用用途はわかりませんが1NUO=0.0001ETHの価値があるみたいです。

登録→入金→利用と段階によってエアドロップがあります。

登録だけでも貰えますので、とりあえず登録だけでもしてみてはどうでしょうか(^^)

NUOダウンロードはコチラ

登録方法

登録方法は特に難しくないので迷うこともないと思いますが、電話番号登録だけは画像のような形でやりましょう。

仮想通貨業界になれている人は問題ないと思いますが、日本を選択して、電話番号の頭の「0」をとって入力します。

登録が完了するとNUOコインが貰えているはずです。

NUOまとめ

・NUOは未来の銀行を目指すプロジェクト

・ベータ版アプリがリリース済み

・エアドロップも実施中!

実際に触ってみるとアプリデザインもシンプルで分かりやすいので、特に迷うことなく使えそうです。

今後こういったプロジェクトが拡大していくと、仮想通貨の認知度や使用用途も拡大していくと思います。

スマホアプリ内に銀行機能が入っているんですからね、銀行窓口に行くのがアホらしくなりますよね(^^)

というか実際これが当たり前になったらかなり便利な世の中になります、送金は24時間対応で数分でできるし、口座から直接買い物もできます。

仮想通貨を投機対象だけでなく実際に使うという部分に取り組んでいるプロジェクトは応援したくなります。

今後もNUOの情報は追いかけていきたいと思います。

ちなみに私は元地方銀行員ですけど、ブロックチェーン×銀行の流れに既存の銀行も付いていかないと大変なことになると感じてますが、イノベーションにはなかなか付いていけないでしょうね。

私がいた地方銀行のレベルだと行員にタブレット端末の使い方をレクチャーするのでさえ大変でしたから・・・。

数年後どのような社会になっているのかは分かりませんが、個人としては新しい技術の情報にはしっかりくらいついて時代の先端を歩いて行きたいと思っています(^^)

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です