イーサクラフト(EtherCraft)は仮想通貨で不思議のダンジョン?実に面白そうです

 

こんにちはもりもとです。

今回はイーサエモンに続き、イーサクラフト(EtherCraft)というdAppsを紹介してみたいと思います。

まだ本格的に完成はしていませんが、現時点でも触ることは可能です。仮想通貨のゲームは完全に先行者優位ですので、今の内に始めることで得をするかもしれませんよ。

イーサクラフト(EtherCraft)とは

イーサクラフトはイーサエモンと同様のイーサリアムのスマートコントラクトを利用したdAppsです。

dAppsとはブロックチェーンの技術で改ざんすることのできないため、アイテムやモンスターに1つ1つに価値がしっかり生まれるゲームです。

ブロックチェーンの技術のおかげでアイテムの価値が保証されるので、ガンガンお金をかけられるという訳ですね。超エキサイティング!

っていってもそんなにお金をかけなくても遊ぶことはできます。

でも本気で稼ぐためならそれなりの投資が必要です。きっとどのゲームも廃課金者にならないと稼ぐというステップにはいけないと思います。

しかしどのゲームも本リリース前は無料アイテム等の支給をしてくれる場合が多いです。

なのでとりあえず無料を駆使して触ってみてから、いけそうだと思ったらツッパするといいかもです。

今回のイーサクラフトも無料でアイテム配ってますよ!公式ツイッターをチェックすると追いかけやすいです。

もちろんトランザクション手数料はかかりますので少しはウォレットに入れてないとダメですよ。

イーサクラフトのプレイ画面のイメージはこんな感じです。

トルネコやチョコボみたいな不思議なダンジョン系に見えますね。

ちなみに公式に書いてあったんですが、ダンジョンでゲームオーバーになった場合、保有していたアイテムは失われるみたいです。

リアルマネーをつぎ込んでそろえたアイテムが失われる可能性があるなんて、超緊張しますね。

今までリリースされている育成系やコレクション系に比べると、プレイのコツだったり技術的要素が必要になる可能性もありますので、本当にプロゲーマーが誕生してきそうな予感がします。

イーサクラフト開発ステップ

開発ステップは以下の3ステップになっています。

①アイテムの売買
②クラフティング(アイテムの作成)
③ダンジョン冒険

現在2018年2月17日の段階では①のアイテムの売買が可能となってます(購入だけかな?)

②、③はまだ未実装です。

なので今現在では遊ぶというよりは、リリースの前のお得なうちにアイテムを買いそろえておくといったことしかできません。

しかしそのアイテム購入に驚きの要素があります。



エンチャントアイテムとは

このように金枠のアイテムはエンチャントアイテムといわれるみたいで、なんと自分が購入した後に誰かが購入すると配当金が貰えるというシステムみたいです。

上記のガチャポンの例なら0.05ETHで購入すれば、その後誰かが購入する毎に0.0005ETHの配当が入ります。

しかも購入個数に応じて倍増するみたいで、10個買うと10倍の0.005ETHが1人購入するごとに自分に入るということみたいです。

今はまだほとんど完成していない状態なのに現時点で100個~200個以上売れているアイテムもあります。

配当が1/100なので1個目を購入した人は100個売れた時点でペイできているということになると思います。

イーサクラフトが流行ると思う人は早い段階でエンチャントアイテムを買っておくといいのではないでしょうか?

どのアイテムが重要になるのか分からない段階で投資しなければいけないというギャンブル感がありますが、それもまた一興でしょう!

まとめ

と超ざっくりこんな特徴のゲームみたいです。

今までリリースされたゲームに比べるとゲーム性も高いように感じます。正式に完成することが出来ればそれなりの支持を集めるんじゃないでしょうか。

事実この開発段階でイーサエモンよりはるかにお金が動いていますから・・・。

期待できます(^^)

私も今後も触って記事にしていきたいと思いますので、楽しみにしていてください。

詳しくは皆さんも公式ページに行って遊んでみてください。

イーサクラフト公式

この記事は公式のページを見て解釈し作成致しましたが、誤りがある可能性があります。何なりと指摘して頂ければ改善致しますので宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です