配当収入で年間20万円!銀行株投資で安定収入を目指す

PANDA
サヤさんの実践記を紹介するよ

内容:株式投資(配当収入)

収入:年収20万円

ツール等:SBI証券

私は株式投資を副業としてやっています。

といってもライターとしての仕事などで貯めたお小遣いを株式投資に回しているというレベルです。

多くても月に5万円とかなので、みずほフィナンシャルグループなどの少額で購入できる株しか買えませんが、5年ほど続けておよそ年収20万円分を配当金としてもらえる程度になりました。

本業も忙しいく毎日デイトレードとかができるわけではないので、正直なところ日々の稼ぎという感じではないですが、それでも年間で20万円あると結構いいお小遣いになっています。

旦那にもそのことは教えていますが、そのお金については好きにしていいよって言ってくれるので好きに使っちゃってます。

経済的な余裕があるおかげか、けんかも少なく円満な家庭が築けています。

最近は配当金で仮想通貨もちょこっと買ってみたりしていて、利益がちょっと増えました。

値動きが激しいのでそちらは遊び程度の額ですけど、のんきに続けられたらいいなって思っています。

とにかく、そうした余剰資金までできたのはひとえに株式投資のおかげだなって思っているところです。

私は銀行株を中心に配当金をメインに投資対象を選んでいます。

なぜ銀行株かといいますと比較的株価が安定しているという点と、配当金が多い傾向にあるということです。

もちろん株価が下がれば一時的に損が出ることもありますが、その際に売却しないで上がるのをひたすら待っています。

といいますかあまり株価の上下は気にしていません。

基本的には半永久的に保有し続けて配当金のみを狙うという手法でやっています。

配当金自体はお小遣いといて使ってしまうので、他の収入(私の場合はクラウドソーシングのライター収入)で毎月追加で購入して積み立てていっているという感じです。

毎月ちょっとずつしか増えませんが長い目で見てやっていってます。

年々保有株数が増えていきますので、当然配当額も増えていっていてそれが楽しみになっています。

今年は年間25万円を目指すぞ!と目標を決めながらやると楽しく取り組めます。

この手法のメリットとしては、あまり株価を気にしないので株価の上下が日々のストレスになりませんし、月一回程度株価を見てみるだけにしていますので、時間を取られることもありません。

今後も副業として投資を中心にやっていて、配当金で生活とまではいかなくても、何があっても経済的に心配しないで良い生活を構築していきたいと思っているところです。

PANDA
夢の配当生活!配当金で生活できたら素敵だよね
レッサー先輩
株の中では配当金が高い銀行株だが、それだけで生活するなんて言うのはとんでもないほど資金が必要だぞ!

管理人の考察

サヤさんありがとうございました。

今回は銀行株を長期保有して、配当金を収入にするという手法でした。

銀行株は比較的株価も安定していますし、配当利回りも高いことが魅力ですが実際配当金ってどれくらいの額が貰えるのでしょうか?

銀行株の配当利回り

2017年12月25日現在、銀行株で配当利回りの高いものを載せた表を見てみます

この表を基に説明してみます。

配当利回りというものが1年間保有していると購入額に対して何%の配当金を貰える見込みかというものになりまして、最低購入代金というのはこの株を1単位購入するために必要な代金ということになります。

したがって一番上のあおぞら銀行を444,500円で1単位購入すると、1年間保有すると18,313円の配当金が見込めるということになります。

もちろん税金を考慮するともう少し減りますし、今後の業績で配当利回りや最低購入代金は変動します。

そうなってくると今回の実践記のように年間20万円の配当金を得るためにはいくらの資金が必要かと言いますと、最低490万程の資金が必要ということになります。

もちろん一括で購入するということではなくて、月々少しずつ購入していくということですが、それだけの額を購入するということになってくると本来であればリスク管理が重要になってくるかと思います。

高額になるのでリスク管理を

例えばいくら配当金が高いからと言って全額あおぞら銀行の株を500万円分購入したとします。

あおぞら銀行の業績が急激に悪化して株価が半分になったっとすると、たとえ年間20万円貰えたとしても元金自体の損失が250万円発生してしまいます。なので1企業全額投資はまずやってはいけません。

さらに全額同じ業界に投資しているということであれば業界自体が悪化した場合のリスクが大きいです。

確かに銀行株は他の業界と比べても株価の変動が比較的安定的ではありますが、それにしても1種類の業界に全額投入というのはリスクが高くなってしまいます。

できれば違う業界を織り交ぜ、かつ違う投資対象も交ぜることが望ましいですね。

違う投資対象というのは定期預金、債券、保険等リスクが低いものから、FXや投資信託、ETF等も交ぜてみるといいと思います。

銀行というのはお金を扱っているので、景気がいいときに株価が連動して上がる傾向にあります。

なので景気が下がっても損失が出にくいものでバランスをとる必要がありそうです。

そのようなリスクの分散が必要なのと、もうすこし株価や業績をよく見てみる必要があると思います。

先ほど話したように株価の下落で大損する可能性があります。

なのでしっかりと業績を分析してそれによって投資額のバランスを調整していければいいと思いますが、なかなか知識が必要で難しいですよね、私もうまくできる自信がありません。

単純に配当金で大儲けという話ではなくて、それには多くのリスクが付いているということをよく考えたうえで実践してみて欲しいと思います。

まずは少額から

まずは少額から保有してみて、勉強しながら日々保有額を増やしていけたらいいかもしれませんよね。

興味が出た方は是非実践してみてください。

ちなみに配当生活ができるであろう年収400万円もらうのには利回り4%でも1億円必要になります・・・。

やっぱり配当生活は夢のまた夢なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です