「VRchat」VRゴーグルなしパソコンのみで体験してみました、始め方と感想

こんにちは@もりもとです。

今回は次世代SNSである「VRchat」を体験してみたので紹介します。

VRchatという言葉は聞いたことある人は多いと思いますが、実際に体験してみたことある方はまだあまりいないのではないでしょうか?

というのもVRchatと聞くとVR機器が必要だからハードルが高いと思っている人は多いと思いますが、一応VR機器なしのパソコンだけでも体験はできます。

今回はVR機器なし、課金なし、パソコンのみで体験してみましたので、始め方や感想をシェアしたいと思います(^^)

VRchatってなんぞやレベルの初心者向けの記事になります。

VRchatとは

そもそもVRchatとは何かというと、VR(仮想現実)で世界のあらゆる人とマイクを通じて会話することができる次世代型SNSです。

既存のtwitterなどのSNSと比べると実際に人と会っているという感覚を感じることができます。

利用者数もどんどん伸びていっている注目のサービスです。

一応VR機器がなくてもパソコンさえあればプレイはできます。

もちろんVR機器を装着することで、より現実に近い感覚で会話を楽しめますが、VR機器自体は結構いい値段します。

ちなみにスマホを差し込むタイプのやつじゃ駄目ですよ、こんな感じの機器が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

99HALN011-00 HTC HTC VIVE CE [99HALN01100]【返品種別B】
価格:72310円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)

 

ちょっと高いですよね・・・。

まあとりあえずパソコンでやってみて、購入してもやってみたいと思えるようだったらそれから購入しても遅くないと思います。

実際にやってみた

参考

VRchat日本wiki

VRchatは基本英語だらけなので日本版wikiを見ながら始めると分かりやすいですが、一応順を追って紹介します。

ますはVRchat公式サイトに行ってアカウント登録をします。

登録が完了したら、今度はSteamのVRchatページに行って、VRchatをダウンロードします。

Steamというのはゲームのプラットフォームで、VRchat以外にも様々なゲームを取り扱っています。

アカウントの無い方はVRchatをダウンロードする前にSteamにもアカウント登録をして、Steam自体のダウンロードもしておきましょう。

起動したら先ほど登録したVRchatのアカウント、パスワードを入力すれば準備完了です。

チュートリアルが始まる

最初はチュートリアルが始まります。

全部英語での説明ですが、難しい表現もないので感覚的に分かると思います。

こんな感じで銃を持ったりもできます。

ちなみに機器がそろっているとボディトラッキング(手の動きに対応)することも可能で、実際に物を手に取るような動作をして操作もできるみたいです。

そうすると凄い没入感でしょうね。現実ではできない(してはいけない)体験が仮想空間ならできそうです。

まあ私はパソコンだけなのでいまいち感じることができませんがw

日本人の多いワールドに行ってみよう

チュートリアルが終わると自由にいろんなところに行けます。

ワールド検索で「JapanTown」と入力すると日本人が多いワールドに行けるので行ってみましょう。

見た目は完全に日本ですね、ガストやセブンイレブンなどがあります。

ここにいる人たちは日本人の方が多く、日本語が飛び交ってます。

地声の人もいれば美少女ボイスに声を変換している人もいました。

こんな感じで皆さんでわいわい楽しんでいます。

近くによれば実際に会話が聞こえてきます、盛り上がっているとちょっと近付きにくいですw

今までのSNSとは全く感覚が違いますね・・・。

皆さん全然あったことない人と普通におしゃべりをして楽しんでいます。

この感覚に慣れていかないとなかなか楽しめませんね、もうちょっと潜伏して慣れていきたいと思います(^^)

アバターやワールドを作れる

VRchatではMMDやUnityというツールを使って、アバターやワールドを自作することができます。

これは私のようにパソコンに疎い人にはハードル高すぎなのでやりませんが、VRchatの大きな魅力であります。

自分で作ったキャラクターになりきって、自分の作った世界に友達を招待するなんていうとめちゃくちゃ面白そうですよね。

しかしこれにはかなりの知識と根気が必要なので、やってみたい人は是非頑張って勉強してみてください。

始めてのVRchatまとめ

・VRchatは仮想空間で実際におしゃべりできる次世代SNS

・VR機器がなくても一応体験できる

・自分でアバターやワールドを作成できるのが魅力

感想としてはこの感覚に慣れるまでは時間かかるぞ!って感じです。

正直リアルワールドと同じで、いきなり知らない人に話しかけるの勇気いりますからねw

きっとこの世界にいるうちに仲のいい人ができてきて恥ずかしくなくなるんでしょうけど、今の段階だとまだ慣れないです。

率直な感想としては私はまだSNSはtwitterでいいかな、って感じです。

そう思う反面、VR機器をそろえてボディトラッキングできたらVRchatめちゃくちゃ面白いなとも思いました。

たぶん今後仮想世界のみで使われる通貨が出てきて、仮想世界で金を稼いで、現実世界ではご飯と排泄だけ、みたいな世界もそんな遠くない未来のような気がします。

ただ実際に室内で歩行してたら普通の部屋の大きさじゃ狭すぎですよねw

だからといって体育館でやるわけにもいかないし・・・。

ソードアートオンラインの世界みたいに寝ながら仮想世界で活動できるようになれば凄いですけどね、まあそこまでいくのはかなり未来の話でしょうが。

とにかく新時代のSNSとしてなかなか面白い体験ができるのでみなさんも是非体験してみてはいかがでしょうか?

初めてのVR体験、始め方から楽しみ方まで紹介します

VR体験だけしてみたければこっちの方がいいかもです、1000円以下でゴーグルを購入して手軽に遊ぶことできます。

ではでは。