スマホの無料アプリと100均のタッチペンでイラストを描いてみよう

こんにちは@もりもとです。

ブログ運営をしているとアイキャッチやちょっとした挿絵を描いてみたい時ってありますよね。

でもイラストを自分で描くのって結構ハードル高いと思ってませんか?

今回はブログの挿絵やツイッターの投稿にちょっとしたイラストを描きたい時、スマホの無料アプリと100均のタッチペンで簡単に始められますよって話をしたいと思います。

とりあえず簡単な挿絵を描いてみたいという方は是非始めてみて下さい。

イラストを描いたことのない超初心者向けの記事ですので、初心者以外の方はもっと投資して自分にあった装備を選んでもらえればと思います。

100均のタッチペン

私はセリアで買ったタッチペンを使っていますが、複雑な絵を描くわけでもなければこれで十分な気がします。

ただ先端部が太いので細かい部分を描くのは難しいかもしれません。

しかし、100円とは思えないクオリティです。

先端が導電性繊維になっていて滑るように描けます。100円でこれなら文句はないでしょう。

タッチペンは人気商品なので他のダイソーやキャンドゥなど他の100均にも様々な種類のタイプがあります、自分に合ったものを探してみましょう。

アプリはアイビスペイントがオススメ

 

アイビスペイントX

アイビスペイントX
開発元:ibis inc.
無料
posted withアプリーチ

アイビスペイントは無料スマホアプリですが、レイヤー機能も充実していて、パソコン用の有料ソフトとそこまで変わりなく使うことができると思います。

人によっては合う合わないがあるとは思いますが、非常にシンプルでわかりやすいのに最低限の機能はそろっています。

特にこだわりがなければこれで十分だと思います。

レイヤー機能が便利

レイヤーとはいくつもの絵を重ねて1つの絵を描ける機能です。

1枚は線、もう1枚に色を塗って、それを重ねて1つの絵を描けるという感じです。

そうすることで線を消さずに色を塗ることができます。

例えばこんな線画を描いて、

 

そのあとに他のレイヤーに色を付けてたり、影を付けたりします。

 

 

レイヤーは複数枚用意できますので、線、色、影というように分けることも可能です。

全部合わせると完成した絵になります。

 

レイヤー機能があることで線を消すことなく色を塗ることができます。

消しゴムで間違ったところを消す時も、他のレイヤーの絵を消す心配がないのでやりやすいです(^^)

写真を読み込める

どうしてもタッチペンでは上手に描けないという場合、事前に紙に絵を描いてその写真を読み込むこともできます。

例えばこんな絵を描いて写真に撮って、

その写真をレイヤーとして読み込みます。

その後写真の色を薄めることができますので、薄くなった線の上をなぞることができます。

これだったら最初からタッチペンで書くより、自分の思い通りに描きやすいと思います。

更に写真以外にも他のイラストも読み取ることもできますので、見本の絵を読み込んで、上からなぞることで絵の練習やトレースすることも可能です。

その後読み取った写真のレイヤーを削除すれば、最初から写真なしで描いたような仕上がりになります。

パソコンと違ってスマホなのでサクッと撮影してレイヤーにできるので便利ですよね。

100円でイラスト描きまとめ

・イラスト描きは決してハードルが高いもではなく安価に始められる

・タッチペンは100均でも買える

・無料のスマホアプリでもレイヤーが使えて便利なものがある

上記の説明した方法で、十分イラスト描きは楽しめると思います。

これでちょっとした挿絵程度だったら問題なく描けると思いますし、スマホでサクッと絵の練習をするのもいいかもしれません。

めちゃくちゃ細かく複雑なものは描けないかもしれませんが、初めての導入には十分でしょう。

ブログやツイッターでもちょっとイラストが描けると幅が広がると思いますので、特に今まで絵に興味がなかった方でも是非挑戦してみて下さい!

たった100円ですからね、やってみて好きになれなかったら捨ててしまえばいいだけなので。

それでもっとやってみようと思えたらタブレットや、ペンタブなどいろいろ装備を買ってみればいいと思います。

私もまだまだ絵はへたくそですが、どんどんブログやツイッターにもイラストを取り入れていきたいです(^^)

イラストの練習アプリなんかも結構充実してますので、いろいろ挑戦したいですね!

自分で描いたイラストを記事に入れるとオリジナリティもでますし、記事の愛着も増すと思います。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です