素人がminne(ミンネ)で手作りアクセサリー販売しても売れないよって話

こんにちは@もりもとです。

色々な副業に挑戦している私ですが、今回は手作りアクセサリーを作って販売したけど売れなかったって話をしたいと思います。

実際手作りでレジンのピアスを作ってminne(ミンネ)で販売した話になります。

一回もアクセサリーを作ったことのない30代のサラリーマンの話です、よかったら見てみて下さい。

なぜやろうと思ったのか

私はもともと手先が器用だという自信があって、よくガムの捨て紙とかで折り鶴を折ったりするような人です。

そんな中、ふと嫁がminneというハンドメイド作品の販売ができるサイトを見ているのを覗いて、

「こんなん俺でもつくれるやん・・・。」

って思ったんですよ!

んで、アクセサリーとか1ミリも詳しくないので、とりあえずminneのランキングを見てどんなものが人気なのかひたすらチェックしました。

その中で人気があって自分が作れるかもと思ったのがレジンアクセサリーでした。

レジンアクセサリーとは

アクセサリーに詳しくない人からしたら全然馴染みのないワードだと思います、私も知りませんでした。

レジンアクセサリーとは、レジン液という樹脂液にいろいろな小物を入れてそれを紫外線の出る装置で固めるというものです。

 

 

こんな感じのやつです!これはピアスですね。

 

ふっふっふ・・・。

実はこれ私が作ったやつなんですよ。

 

どうですか?結構イケてませんか?

しかし私手先は自信があっても、センスが全く自信がないので、これ上位の人の作風をほぼパクったやつなんです。

だから一見いい感じにみえると思いますが、センスという点では丸パクリです。

売れている人の作品を素人がパクるとどうなるかというと、これ売れないんですよ。

その点は後でお話ししますがとりあえず作り方をちょっとお話しさせてください。

誰でも作れるレジンアクセサリー

とりあえずレジン液と紫外線がでる専用の装置があればできます。

レジン液は100均でも売ってますし、紫外線装置も安いです。

私が買ったのはこんなの。

 

2000円もしないですけど、全然十分でした。

あとは中に入れる小物と、ピンセットとかあると便利ですね。

道具が準備できたら、

こうして

こうして

こうして

こうして

こう!

 

で、完成です。

簡単でしょ?

具体的な作り方は「レジンアクセサリー 作り方」で検索すればわしゃわしゃ出てきますので、興味が出た方は調べてみたください。

普通に販売目的じゃなくて趣味としては面白いと思いますよ!

minneで販売してみる

minne(ミンネ)は誰でも簡単にハンドメイドの雑貨が販売できるサービスです。

 

レジンピアスで検索してもかなりの数が出てきますね。

気軽にハンドメイド品を購入できるのはもちろんのこと、出品も簡単にできます。

登録して、プロフィールページを作って何枚か写真を用意すればOKです。

実際に私もさっきのピアスを出品してみましたよ!

何個売れたのか?

勿体ぶらずに言いますけど、なんと1個も売れなかったのです!

しかも同じようなものの最安値より安くしたのにです!

まあ販売してみてわかったのですが、minneで売るためにはある程度肩書や実績というのが大切になってくるなということがわかりました。

なぜ売れなかったのか

もしかしたら全くの的外れかもしれませんが、売れている人もプロフィールを見てみると「○○教室でアクセサリー作りを教えています」とか「○○即売会でも好評でした」とか実績や肩書がある方ばかりだなと思いました。

逆に「初心者ですが・・・。」とか「初めての出品です・・・。」とかいう出品者のものは売れてない傾向にありました。

まあ客の立場になって考えれば、誰でもハンドメイド作品が出品できるというマーケットで「初めて作りました」って人のやつは買う気が起きないですよね。

私だって買いません。

ハンドメイド作品が好きな人って結構自分でも作る人も多いと思いますので、「初めての作品買うくらいなら自分で作るわ」って感じになると思います。

価格を下げればどうか?

逆に100円で売っていたら買いますか?っていうと怖くて買いませんよね?

私も同じようなピアスが500円で売っていたので300円で出品してましたが、これがやはり売れないんですよ。

安かろう悪かろうっていう思考が働くんでしょうけど、素人の300円より実績のある500円の方がいいですよね。

じゃあ素人の作品はどういうのが売れるか?

ちなみに素人の作品でも売れているものあるんですよ。

どういうのが売れているかというと他の人がやってないものですよね。

オリジナルデザインってことです。

誰もやってないものをやって、そこからファンが付いて売れていっているというものも多くありました。

ってことで実績がある人が既に市場を制圧しているものをパクっても売れるわけなかったということです。

これ、他のビジネスでも一緒ですよね?

まとめ

・minneは素人でもハンドメイド品を簡単に出品できるサービス

・素人が丸パクリでつくったものは売れない

・アイディアやデザイン力があるなら素人でも売れるかも

どんなビジネスでも一緒ですが、先駆者だったり個性のある方は儲かるかもしれませんが、素人が適当にやっても全然ダメという結論です。

一応このブログが副業ブログなので言っておくと、いくら技能やアイディアが優れていても副業には向かないと思います。

1個500円とか1000円で販売するものを2~3時間かけて作っても収益という点では微妙です。

ただそれにブログとかを絡めて広告収入とか狙えるならありかなとも思いますけど、副業で稼ぐというよりは、趣味のついでにちょっと収入があるといった感じで、趣味ありきだと思います。

稼ぐというモチベーションだとうまくいかないでしょうが、趣味の延長で楽しく作って、ちょっとお金が発生するというのは悪くないと思います。

したがって、私のように特にアクセサリー作りが好きでもないのに稼ぎたいという考えで始めるのはオススメしません。

こんな感じで相当な種類の副業に挑戦してはやめている私ですので、失敗談はいっぱいありますので、今後もちょくちょく紹介していきたいと思います。

「初動力」は自信あって思い立ったらスグやってしまうんですけど、まあうまくいかないことの方がほとんどです。

 

ちなみにこんな撮影機材も買ったんですけど、意味なかったですねー。

でもこれは普通にメルカリとかで不用品売るのに今でも使ってます、明るく撮れるんで見栄えが良くなりますよ。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です