「OpenSea」でクリプトサガのヒーローを買ってみたよ、やり方説明

 

こんにちは、もりもとです。

今回はOpenSeaという様々なゲームのキャラクターの売買ができるサイトで、実際に購入してみたので、その使い方を紹介します。

近未来的ですよね、まだ売買機能を公式リリースしてないゲームでもOpenSeaなら売買できるんです。今回私が取引してみたクリプトサガのヒーローも公式ページではまだ売買できませんが、Openseaを使えば簡単に売買ができます。

OpenSeaとは

OpenSeaはクリプトキティーズを始めとする様々なゲームのキャラクターやアイテムをプレイヤー同士で直接売買できる場所になります。

取引所に一度預けてから誰かに売るというわけではなくて、直接ウォレットからウォレットにモンスターやアイテムをethと引き換えに送ることができます。

ということはOpenSeaはいわゆるDEXの形をとっているわけです。

現時点で10作品以上のdappsのキャラクターやアイテムに対応していますが、今後はイーサエモンやディセントラランドにも対応予定とのことです。

クリプトキティーズやイーサエモンは公式サイトで既にモンスターのリリース機能があるので、そこまでOpenSeaの価値があるのかわかりませんが、クリプトサガのように公式でまだ売買機能がリリースされていないdappsも取引可能なのは面白いですよね。

実際に買ってみたよ

クリプトサガ公式

前回の記事で紹介したように私がクリプトサガのプレセールで購入しようと思った時の価格は0.09eth程でした

dapps×RPG「Cryptosaga(クリプトサガ)」を紹介します

ではOpenSeaではどれくらいの価格で取引されていたかというと最上位クラスのlegendaryは安くても0.5ethでした、約5倍の価格!

履歴を見ると0.3ethくらいだと実際に結構売れているみたいですね。

次のクラスのheroicだと販売価格を割る価格での出品も多くありましたので、実際に購入してみましたよ。

いくらheroicだとしてもプレセールの1/8くらいの価格だったら買っといたほうがいいだろうという判断です。

そもそも私がなぜプレセールで買わなかったかというと、海外のとあるゲーマーのブログを見てみたらlegendaryが出る確率が15%でheroicが85%であるとの記載がありました。

15%引ける気しねーな!ってことでOpenSeaで激安heroicをちょっと集めてみようという作戦です。

いくらheroicでも二番目のクラスなのでプレセール終了後はこの価格では手に入れられないんじゃないかなという読みです。全然外れるかもしれないですけど。

読みが外れたら外れたで純粋にゲームを楽しんで独自トークンであるGoldをせっせと稼いでみようと思いますし、読みが当たって価格が高騰すれば転売してしまおうと思っています。

3倍の価格で売れるlegendaryが15%の確率で引けて、85%はheroicで1/8くらいの価格でしか売れないとなるとプレセールの期待値はマイナスですよね、うんうん。

絶対15%引けるぜっていう方はやってみるといいと思います、私は自信ありません。

ということで

とりあえずheroicを激安価格で3体買っておきました。

この投資が吉とですか凶と出るか・・・。外れても少額なので全然OKですが、どのようにこれから価格が変化していくのか楽しみです(^^)

ヒーローの買い方

買い方と言っても、調べたいゲームのタブを選んで、欲しいヒーローを選択すればいいだけなので特に迷うこともないと思います。

もちろんメタマスクにログインした状態でですよ。

ただ、ここの販売のみという部分を選択すると現在販売中のみ表示されるのでわかりやすいと思います。

そうしないと過去売買が完了しているやつも表示されるので見にくいです。

相場観を見るためにはいいと思いますので、ケースバイケースでやってみてください。



ちなみに

OpenSeaで売買可能なこのゲーム

ChainMonstersちょっと面白いですよ。

イーサエモンよりポケモンです、ストーリーも丸パクリ感があります。

これ私のプレイ画像です、もうルビーサファイヤ時代くらいのポケモンでしょ?

草むら走り回っても敵出てこないし、マップ移動するたびにGASかかるし、現時点ではとてもプレイできたものじゃないですけど、今後どうなっていくのかある意味期待してます。

まあイーサエモン以上にパクリ感があるので流行っていくことはないような気もしますが、dappsでこのように自由にマップ移動してモンスターが出てきてとなると、ある意味革命的なのかもしれません。

普通にポケモンレベルのクオリティのゲームをして、お金を稼ぐというのは本当に2018年末くらいには実現しているのかもしれませんね。

dapps界の成長スピードは本当に驚かされます、全然ついていけません。数か月前まではクリプトキティーズレベルのゲームしかなかったわけですから。

今後も頑張ってついていって、いろいろなdappsを紹介しようと思っています。普通に技術の変革期を見れるのでとっても楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です