クリプトシティーズ(cryptocities.net)の発見でETHを稼せぐ

 

こんにちはもりもとです。

今回もクリプトシティーズ(cryptocities.net)の記事になります。

まだ非常にマイナーなDAppsであまり需要もないのですが、稼げる要素がありそうなので紹介させていただきます。

クリプトシティーズの発見とは?

前回の記事

クリプトシティーズ(cryptocities.net)は都市を買って発見するDApps

でお話ししましたが。クリプトシティーズの重要な機能である「発見」をしてみたので報告します。

「発見」とは1つ以上の都市を保有している状態でできるコマンドであり、それを行うことで新たな都市を見つけることができます。

なので1つ都市を保有している状態で「発見」をすると、保有都市が2個になるということです。

しかしこの「発見」コマンドにはコストがかかります、現時点では0.007~0.008ETHかかります。これは需要によって高まるとの説明がされています。

今回私は0.007ETHのコストを支払って「発見」を行いました。

その結果都市が1つ増えました。この増えた都市はそのまま保有して、後日リリースされる都市を使った新しいゲームとやらに使ってもいいと思いますし、売却することも可能です。

では0.007ETHで増やした都市がいくらくらいで売れるのでしょうか?

「発見」コマンドで稼ぐ

都市のマーケットを見てみましょう。

販売されているのはどれも誰かが発見をして、それを売却しているものです。

この画像では安い順に表示しているので一番安価なものが0.0125ETHで販売されています。この値は日によって結構変動がありますが今時点では0.012~0.025ETHくらいが最安値になっています。

先ほど紹介した発見のコストが0.007ETH(現時点)なので、発見で見つけた都市を売ればほぼ確実に数百円ではありますが稼ぐことが可能です。

では「発見」⇒「売却」を繰り返せば毎日数百円稼げるのでしょうか?

発見のルール

実は「発見」には大きなルールが存在します以下の画像を見てみてください。

公式ページより引用したものでありますが、左側の黒い数字の方が「発見」を行なったことのある回数です。右の緑の数字がそのために保有してなくてはいけない都市の数です。

すなわち「発見」をし続けるためには、保有都市の数も増やしていかないといけないのです。

左の列の一番下を例にすると、24回目の「発見」をするためには18個の都市を保有してなくてはいけないということになります。

なので「発見」⇒「売却」を毎回続けることは不可能ということになります。

では稼ぐことはできないのか?

現時点では「発見」⇒「売却」ということだけに焦点を当てると、どこかのタイミングで全部売ってしまえば稼ぐことは可能だと思います。

例えば0.013ETHで購入して0.007ETHで「発見」をすれば総コスト0.02ETHで2都市を保有できます。それを@0.013ETHで2都市売却すれば0.006ETH稼げますよね。

しかしそれを行なってしまうと、またこのゲームを楽しみたいときは再度同じ数の都市を購入しないと「発見」コマンドが行えないので注意が必要です。

今後の新システムの発展に期待して都市を「発見」で増やし続けてもいいし、もしこのゲームに発展が見込めないと判断するのであればどこかのタイミングで都市を全て売却してしまってもいいと思います。

とにかくそれも含めてDAppsの稼ぎかたのヒントや、学ぶことがこのゲームにはあると思います。

他のコレクション系ゲームに比べればよくできている方だと思いますので、今後も開発動向に注目しながら、稼ぎ方の模索を続けていきたいと思います。

興味が出た人は試しにやってみてください、私も都市を買ってしまったからにはクリプトシティーズの発展を願っていますので。

クリプトシティーズ公式

正直情報が少ないため誤った記事内容もあるかもしれません。

もし解釈に誤りがあった場合には速やかに訂正いたしますので、教えて頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です