0x(ゼロエックス)ってどんな仮想通貨?DEXならハッキングが怖くない!

 

こんにちは

1/26に起こったコインチェックの不正送金騒動はNEMを日本円相当額にて返金するといった形で収束となりました。

しかもコインチェックの自己資金にて返金するって本当にすごいですよね。5億2300万XEMが対象で@88.549円のレートで返金するとのことなので、ざっと計算しても460億以上の資金があるって事ですから、コインチェックさん相当儲かっていたんでしょうね・・・。

仮想通貨業界は夢ありますね!

今回のNEMは動かせないコールドウォレットではなくアクティブのホットウォレットに保管してあったところ盗まれてしまったとの事です。なぜホットウォレットにそんな大金を入れていたかというとハーベスト(マイニングみたいなもの)をしていたからということのようです。

5億XEMでハーベストやったらどれだけの収益になるんですかね・・・。想像もつかないですがこれほどのリスクをとってまでホットウォレットに入れてたということはかなり稼げたのでしょう。

ほかの取引所もやってそうですけど、どうなんですかね?いずれにしても今回の事件でより他の取引所も含めてセキュリティーの強化には力を入れることになると思います。

今回の事件で仮想通貨自体のイメージがまた悪くなるかと心配していましたが、コインチェックの神対応のおかげで、そこまで悪いイメージはつかなそうです。むしろ認知度が上がってより仮想通貨業界が盛り上がってくれることを願います。

ちなみに私がコインチェックに預けていたNEMは絶賛含み損中だったので損を確定させてしましました(^O^)正直それくらいの被害でほっとしました、少額でしたけど心配だったんで。やっぱりちゃんとウォレットに入れておかなきゃだめですね・・・。

やっとここで本題ですが、そんな取引所のリスクを軽減するためにDEX(分散型取引所)というのがあります。

DEX(分散型取引所)ってなに?

DEXとはコインチェックやZaifのように一度取引所にお金を預けてから各通貨を購入するものではなく、直接ウォレット同士をつないで通貨の交換ができるといったものになります。

普通ハッキングをするならお金が多く集まるところを狙いますよね。そうするとコインチェックのような顧客の資金を預かっているところが狙われるわけですけど、DEXにはそのようなところが存在しないのです。

直接顧客同士のウォレットが不正のできないブロックチェーンでつながるわけですから、安心安全公平に取引ができるのです。それでも個別のウォレットにはハッキングの可能性はゼロではありませんが、中央集権型の取引所よりは確実にリスクが低くなります。

そのDEXの取引所を作るために必要なのが0x(ゼロエックス)のプロコトル(仕組み)なのです。

0xの特徴

0x自体は仮想通貨で単位はZRXです。

イーサリアムのアドレスの頭文字である0xが名前の由来です。なので現時点ではイーサリアム上で開発された通貨同士を変換することを目的としています。将来的にはイーサリアムだけでなく他の通貨間での変換をすることを目指しているそうです。

この0xのプロコトルを利用するとDEXサービスができるとのことです。

すでにいくつか0xのプロコトルを採用したDEXサービスはいくつかできていますが、これが今後どのように浸透していくかはわかりません。

ただ現時点ではあまりに多くの種類の通貨が乱立していて、ゲームに使いたいときはA通貨、音楽買いたい時はB通貨みたいにわざわざ取引所で両替しないといけませんよね。これが0xを利用したDEXで瞬時に通貨を変換して利用できるようになるなんてことになるかもしれません。

むしろそうなってくれないと仮想通貨が実用的になるためには不便ですよね。

ということもあってDEX自体はこれからもっと主流になってくると思います。その時はDEX関連銘柄の価格は上がるかもしれません、0xが主流になるかはわかりませんが期待はできるかと思います。

1ZRXいくらなの?

 

今回のコインチェック騒動でDEX銘柄が注目されて大幅に値段が上がりました。それだけ中央集権型の取引所にリスクがあることに世間が気が付いたのだと思います。

興味がある方は「BINANCE(バイナンス)」が一番購入しやすいと思いますので是非見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です