リースで不労所得も可能なWAVES(ウェイブス)ってどんな仮想通貨?

 

こんにちは

今回は私も少額保有しているWAVES(ウェイブス)っていう仮想通貨を初心者向けに簡単に説明したいと思います。ポジトークではなく単純に説明という形にしたいと思います。

専門用語少なめで分かりやすいと思います、興味が出たらより詳しく解説されているサイトを見てみてください。




WAVES(ウェイブス)の特徴

WAVES(ウェイブス)は現在時価総額ランキング39位であり、他のアルトコインと比べてもマイナーな部類に入るかと思います。

しかしWAVES(ウェイブス)特有の機能や性質があり他と差別化ができている通貨だと思います。その特徴を箇条書きで言うと

・ウォレットにDEX(分散型取引所)機能がある

・独自のトークンを簡単に発行できる

・リース機能で預けておくだけでトークンを貰える

この三点が特徴です。

順に説明しましょう。

ウォレットにDEX(分散型取引所)機能がある

ウォレットとは仮想通貨のお財布のような役割のものです。取引所にそのまま置いておくとハッキング等のリスクも高いですが、個別にウォレットに入れておくことでリスクを下げることができます。さらにウォレット特有のいろいろな機能が利用できるのも特徴です。

WAVES(ウェイブス)のウォレットは以下から簡単に作成できます。

WAVES公式ウォレット

登録途中に表示される「Wallet SEED」は確実にメモしてください、さりげなく表示されるので忘れがちですので注意してください。このSEEDは流失すると残高を盗まれる危険性があるのでオンライン上には絶対記録しないでください。

ウォレットを作成しますと、以下のように表示されます。

見てわかるようにWAVESだけでなくLITECOINやZCASH等のアルトコインやドルやユーロのような法定通貨にも対応しています。

なのでWAVESを購入するためにはバイナンスのような取引所で取引しなくても、ビットコインやイーサリアムをウォレットに直接送ることでウォレット上で購入することができます。これが特徴のウォレットにDEX(分散型取引所)機能があるという部分になります。

こんな感じに普通の取引所のように取引ができます。

これはこの後説明するトークンの売買にも対応しているので、ウォレット上で得たトークンをここで他の通貨に換えることができます。

このウォレットのDEXで取引できるという点は、取引所を経由するより非常に安全性が高くハッキング等で資産を失うリスクを少なくできることができるのが魅力です。

独自のトークンを簡単に発行できる

このウォレットの更にすごいところは、誰でも簡単に独自のトークンを作成できるという点です。

トークンというのは日本の取引所であるZaifのZaifトークンが有名だと思いますが、個人や企業が発行できる仮想通貨のようなものです。なのでこのトークンが誰でも簡単に発行できるということは個人や企業がトークンを発行して株式会社の株式のようにトークンを売買させて資金集めが可能ということになります。

数百円の手数料で簡単に発行することが可能で、WAVESの知名度や利用者数が増えていくことでどんどんWAVESから発行されるトークンの利用価値や利用方法が拡大することが期待できます。

この機能は非常に面白く、今後いくらでも利用方法が広がっていくことと思いますし、発展していってほしいと思います。

リース機能で預けておくだけでトークンを貰える

WAVESはビットコインのようにマイニングで通貨量が増えていくものではなく、すでに最大発行数の1億WAVESが発行済みです。なのでマイニングは不要になります。

マイニングの代わりにリース機能というものがあります。リース機能とはウォレットからリース先にWAVESを送金するとWAVESやトークンが自動で配布されるというものになります。

この機能はマイニングと違い、パソコンを常に電源を入れておく必要もオンラインにしておく必要もないので電気代もかからず高性能のパソコンも必要ありません。

なので誰でも気軽に不労所得を体験することができます。

中にはどうしようもないトークンを受け取ることもあるのですが、ウォレットのDEXで売買可能なものが多いので安心です。

リースに預けた額によって報酬が違うため少額ではあまり期待できませんが、WAVESの長期保有を考えている人からしたら日々トークン残高が増えていくのは楽しみになると思います。

リースの方法は他の記事で紹介したいと思います。

まとめ

以上WAVESの特徴を三点紹介させていただきました。まだ時価総額ランキングでもそれほど上位ではなくこれから人気が出てくるか注目な銘柄です。

以下が価格の動きとなっています。

昨今の大幅変動の動きの中でも他のアルトコインと比べると、やや動きは小さめという印象です。

なかなか特殊な機能を持つWAVEです。今回の記事でWAVESが気になったという人はより良く自身で調べてみて、これからの発展が見込めると判断できたらぜひ購入してみてください。あくまで自己判断でお願いします。

今回の記事も読んでいただきありがとうございました。







コメントを残す