コインチェックからCryptoBridge(クリプトブリッジ)へ送金のやり方

 

今回はコインチェックからCryptoBridge(クリプトブリッジ)への送金のやり方について紹介したいと思います。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)は海外の仮想通貨取引所なんですが、日本語にも対応していてわかりやすいですし、話題の「XP」や国産仮想通貨「BitZeny」の取扱があるため何かと利用する機会が多いと思います。

CryptoBridge(クリプトブリッジ)に注目

このCryptoBridge(クリプトブリッジ)が注目されているのは取扱コインの種類はもちろんのこと、他の一般的な取引所と違ってDEXと言われる分散型取引所であることが特徴です。

このDEXは1つのサーバーでウォレットデータを扱うわけではなく、複数のサーバーに分散化して取り扱うことによってハッキングのリスクやサーバーダウンの危険性が少ないということで、今後主流になっていくのではないかと言われている仕組みになっています。

そんなCryptoBridge(クリプトブリッジ)に送金する際はどのようにすればいいのでしょうか?

送金方法

まずはアカウントを作成してみてください。日本語対応なのでアカウント作成は特に問題なくできると思いますが、不安だったらググってみてください。

今回の例はコインチェックからCryptoBridge(クリプトブリッジ)にビットコインを送るというケースになります。

ではCryptoBridge(クリプトブリッジ)のアカウント作成後、上部タグの「入金/出金」を選びます。

その後送金したいコインの種類を選択します。今回はビットコインで送りますので「BTC」を選択します。ここを間違えると誤った受取アドレスが表示されますので必ず確認してください。

「受取用アドレス」としているところにアドレスが表示されているのでここをコピーしてください。1文字でも間違えると入金されないどころかビットコインがどこかに行ってしまうので必ずコピーしてください。

準備ができましたら、今度はコインチェックにログインして、左部タブの「コインを送る」を選択します。

ここでも必ずコインの種類がビットコインになっていることを確認します。

選択すると送金リストの編集になりますので、わかりやすいようにラベルの名前を設定します(今回のケースではCryptoBridgeとしていますが何でも大丈夫です)。新規宛先に先ほどの受取用アドレスをペーストすれば準備OKです。

金額を入力して送金すればいいのですが、手数料は残高から引かれるので注意が必要です。

例:残高0.5BTCで手数料0.001BTCの時、全額送金したい場合は金額欄には0.499BTCと入力してください。

これで10分程したら着金するはずなのでCryptoBridge(クリプトブリッジ)側で確認してみてください。混みあっている場合は数時間かかるという話も聞きますので、なかなか着金しなくてもあせらず待ってみましょう。

以上、コインチェックからCryptoBridge(クリプトブリッジ)への送金のやり方の説明でした。必ずアドレスをコピペすること!コインの種類を確認すること!これだけできていれば大丈夫だと思います。

是非日本の取引所だけでなく、ちょっと頑張ってみて大注目の草コイン「XP」「BitZeny」を手に入れてみましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin